上から撮った大小様々なかぼちゃ

カボチャを食べさせても大丈夫?

かぼちゃは季節を問わず、その長い保存期間と甘み、そして栄養価の高さから人々の食卓で親しまれています。

しかし、我々がおいしいと思う食材がワンちゃんにとっても安全かどうか、気になるところですね。

今回は、かぼちゃがワンちゃんにとって安全な食材なのか、
かぼちゃに含まれる栄養素、期待される効果、
注意すべきポイントについてご紹介します。

愛犬にかぼちゃを食べさせても大丈夫?

かぼちゃの果実部分は、愛犬に食べさせても問題ありません。

ただし、生のかぼちゃは硬くて消化が難しいため、
十分に茹でてから与えるようにしましょう。

大きなかたまりで与えると食道に詰まる危険性があるため、
細かく切って与えることをおすすめします。

一方、かぼちゃの種や皮については、中毒の心配はありませんが、消化に悪いため与えるのは控えた方が良いです。

皮は茹でて柔らかくした後に与えるか、
皮を取り除いてから食べさせるとよいでしょう。

種はパンプキンシードとも呼ばれ、
栄養価が高いですが、硬い殻を取り除いてから与えるようにしましょう。

かぼちゃに含まれる栄養素と影響 かぼちゃには
さまざまな栄養素が含まれており、
愛犬の健康に良い影響を与える要素が豊富です。

・炭水化物: エネルギー源として重要ですが、摂り過ぎには注意が必要です。バランスを考えて与えましょう。

・ビタミン: ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEが含まれています。エネルギー代謝や皮膚、粘膜の健康維持に寄与します。

・ミネラル: カリウムが豊富で、細胞の正常な機能や神経、心臓の働きに関与します。

・食物繊維: 血糖値やコレステロールの調整、腸内環境の改善に寄与します。摂り過ぎには注意が必要です。

・βカロテン: ビタミンAに変換される栄養素で、皮膚や視力、抗酸化作用に貢献します。
愛犬にかぼちゃを与えるメリット かぼちゃにはさまざまなメリットがあります。

・抗酸化作用: かぼちゃに含まれるビタミンEやβカロテンは、抗酸化作用を持ち、細胞の酸化ストレスから身体を守る助けになります。

・病気予防: かぼちゃに含まれる食物繊維やビタミンは、便通を改善し、皮膚や粘膜の健康を維持するのに役立ちます。また、抗酸化作用により免疫力も向上します。

・水分補給: かぼちゃは水分を含んでいるため、水分補給にも役立ちます。特に水をあまり飲まない子にとっては良い選択肢です。

・貧血予防: かぼちゃに含まれる鉄分や葉酸は、赤血球の生成や貧血予防に寄与します。鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると効果的です。
ワンちゃんとってのかぼちゃの適量 愛犬にかぼちゃを与える際の目安量は、犬の体重によって異なります。

以下の表を参考にして適切な量を与えましょう。
ただし、個々の状態によって調整が必要なことも覚えておいてください。

犬の体重(kg)
1日のかぼちゃの量(g)

1kg〜4kg 〜25g(およそ1切れ分)

4〜10kg 25〜50g(およそ1〜2切れ分)

10〜kg 50〜100g(およそ2〜4切れ分)

愛犬にかぼちゃを与える時の注意点 かぼちゃを与える際には、いくつかの注意点を守ることが重要です。

・皮や種、加工食品は控える: かぼちゃの皮や種は消化に悪いため取り除き、
加工食品は砂糖や塩、油が含まれていることがあるため避けましょう。

・少量から始める: 初めてかぼちゃを与える際は、少量から始めて愛犬の体調を見ながら徐々に増やしていきましょう。

・細かく刻んで与える: かぼちゃを与える際は、細かく刻んで食べやすくしてから与えましょう。大きな塊で与えると食道に詰まる可能性があります。

・量に注意: かぼちゃは甘みがあり、食べ過ぎに注意が必要です。摂取カロリーを考慮し、適切な量を守りましょう。
まとめ かぼちゃは犬にとって安全な食材であり、栄養価も高いですが、適切な量で楽しませることが大切です。

また特に、自家製の手作りごはんに取り入れることで、愛犬の健康的な体作りをサポートできるでしょう。
ワンちゃんに個別の健康状態に応じて、注意深く観察しながら与えることを心がけるとよいでしょう。

ブログに戻る