ドッグフードの入った白い容器

ドッグフードの起源

愛犬との歴史

人類は何千年もの間、仕事や楽しみ、家族としていぬ
と生活してきました。


主に家畜の警護、狩猟の助け、害獣の捕獲などのために飼育してきた歴史があります。ドッグフードも長い年月をかけ変化してきました。
それではドッグフードの長い歴史について詳しく学びましょう。

研究によれば、犬は約16,000年前に家畜化され、おそらく30,000年以上前から人間と一緒にいたと言われております。

紀元前2000年には、人々は犬に何を食べさせるかを考え始めたとのことです。

ローマの詩人兼哲学者であるマルクス・テレンティウス・ウァッロは、農業に関するマニュアル「Farm Topics」を書き、犬には肉と骨、そしてミルクに浸した大麦を与えることを書き記しております。

14世紀末には、フランス南西部のフワ地方の11代目伯爵であり、
熱心な猟師であったガストン3世が、彼の愛するグレーハウンドの世話について記した本を執筆しました。

これには何を食べさせるかについての言及も含まれており、それにはふすまパン、狩りから得た肉の一部、そして犬が病気の場合はヤギのミルク、豆のスープ、刻んだ肉、またはバターを与えてたようです


中世から19世紀半ばまでの一般家庭では、犬に食事を与えることにはほとんど注意が払われませんでした。

犬の食事は、飼い主ができる限りのもの、つまり骨の関節、キャベツ、じゃがいも、タマネギ、パンの耳など、飼い主が余裕を持って提供できるものでした。

19世紀半ばには、都市部でペットに与えるために馬肉を購入することが一般的で、労働馬が街中で死ぬことがよくあったため、犬の食事はやや多様化したかもしれません。

それ以来、犬は私たちの家庭に欠かせない存在となり、栄養と食品の安全に関する理解が深まりました。

初めて発売された
ドッグフード

産業革命に中流階級の人々により、裕福な家庭が労働動物としてではなく、愛情を持ってワンちゃんを飼うようになりました。

1860年にアメリカ出身の機械技師のジェームズ・スプラットは、
商業的に調製されたペットフードを開発しました。

スプラットは船乗りが残り物のビスケットを犬に食べさせているのを見て、
最初の犬用ビスケットを考案しました。

それは小麦粉、野菜、ビートルート、牛肉の血液の混合物で、
 スプラットはこれを「Fibrine Dog Cakes」として1890年代に米国で生産が開始され、
アメリカやイギリスをはじめとした都市部では、ドッグフードを与えることがステータスとなり新しい市場需要を満たし、スプラットのビジネスは大いに成功しました。

その後、
P.M.チャペルが馬肉をドッグフードに加工することを思いつきます。
初めての缶詰の犬用ウェットフード「Ken-L Ration」は1922年に販売されました。
こちらもに低脂肪で健康的な馬肉のドッグフードとして認知られ人気を誇ります。商品となりました。

ペットと栄養に対する理解の進化

ドッグフード(犬のビスケット、犬用パン、缶詰食品など)
需要が高まり、栄養学に基づいたドッグフードが19世紀末に登場しました。
また、20世紀を通じて、動物科学と栄養に対する理解も進化し続け、
初めて子犬の独自の栄養ニーズに特化したペットフードは、
1960年代初頭に発売されました。

多くの人々が犬を家族の一部と見なすようになったためです。

1980年代中頃に、アメリカ国立科学アカデミー(National Academy of Sciences)の全米研究評議会(National Research Council、NRC)がワンちゃんの栄養基準に関する報告書を発表しました。

この報告書は、"Nutrient Requirements of Dogs"というタイトルで犬の栄養に関する科学的な情報をまとめ、犬の健康的な栄養摂取の基準を提供するものでした。

この報告書は、犬の栄養に関する基本的なガイドラインや、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素の必要量について詳細な情報を提供しました。この報告書は犬の栄養学において重要な参考資料となり、ドッグフードフード業界や獣医師などが犬の栄養を管理する際の指針として利用されています。

ペットフードの種類や
規制は年月が経つごとに進化し続け現在に至ります。

ブログに戻る