外にいる狼犬

日本における犬の歴史 縄文時代~明治時代 

犬は古代から現代にかけて人々の生活に深く関わる存在として存在してきました。日本においても、縄文時代から平成時代までの長い歴史の中で、犬と人々との関係は様々に変遷してきました。

時代と共にその役割や存在意義を変えながら、私たちの日常の中で不可欠な存在として位置づけられてきました。この文章では、日本の歴史を通じて犬の役割や生活の変遷について、時代ごとの視点から詳しく見ていきます。


縄文時代
:日本に縄文犬と呼ばれる犬が存在していました。縄文時代の遺跡から約400もの犬の骨が見つかり、これにより縄文時代に縄文犬が日本に住んでいたことがわかります。

これらの骨は、縄文時代早期の遺跡で見つかったもので、犬は小型から中型のサイズでした。おそらく、これらの犬は狩猟の手助けをするために飼われていたのでしょう。

縄文犬の起源については、日本犬、韓国犬、モンゴル犬の遺伝子が類似していることが分かっています。これから推測されるのは、東北アジアから韓国に移入された犬が、その後日本にもたらされた可能性です。ただし、日本犬の中には東南アジアの犬と似た遺伝子を持つものも存在し、その起源は単一ではないことが示唆されています。

縄文時代には、縄文犬が日本の人々にとって信頼のおける狩猟の仲間であったことがわかります。これらの犬たちは、古代の日本の狩猟活動において欠かせない存在でした。その後、弥生時代に弥生犬が導入され、縄文犬と交雑し、現代の日本犬のルーツとなりました。

このように、縄文時代の日本における犬は、狩猟のために飼われ、人々と共に歩んだ重要な仲間でした。そして、その遺伝的背景には複雑な歴史があり、日本犬の多様性の源となっています。

弥生時代:縄文時代の終焉とともに、朝鮮半島から日本に移住してきた人々とともに、弥生犬が導入されました。弥生犬は、縄文犬と比べてやや大きく、四国犬に似た特徴を持っていました。この時代には、日本の社会も大きく変化し、農耕が始まりました。これに伴い、犬の役割も大きく変わりました。

驚くべきことに、長崎県の辻遺跡からは、弥生犬が食用として解体された証拠が見つかっています。これはあまり知られていない事実ですが、日本においては犬を食べる習慣が長い間存在し、明治時代まで続いていたのです。この事実は、現代の日本とは異なる文化的実践を示しています。

弥生犬はその後、縄文犬と交雑し、現代の小型から中型の日本犬の祖先となりました。この交雑により、日本犬は多様性を持つようになり、さまざまな品種が誕生しました。
弥生犬の導入は、日本犬の進化と多様性の源であり、日本犬が私たちの生活に欠かせない存在となる基盤を築いたのです。

弥生時代から飛鳥時代: 犬は、古代日本においては食料としての役割が主要でした。弥生時代から続く狩猟の一環として、犬は肉の供給源として飼われ、食べられていました。
しかし、飛鳥時代に入ると、犬が文化的な変化を経験しました。675年に出された通達により、犬を食べることが禁止され、犬は重要な存在としての地位を得るようになりました。
この時代には、「御犬飼」と呼ばれる専門の犬飼いが登場し、犬に対する新たな配慮が生まれました。
また、聖徳太子の愛犬「雪丸」は、言葉を話せたという伝説が残っています。

平安時代: 平安時代には、貴族階級や宮廷において犬を飼うことがブームとなりました。
宮廷文化の一部として、美しい犬が愛玩動物として重要視され、文学作品にもその姿が頻繁に登場しました。
特に「枕草子」や「源氏物語」などの文学作品には、宮廷で飼われている犬に関する描写が見られます。
ただし、猫が犬よりも価値が高く、猫は紐に繋がれて飼われている一方で、犬は放し飼いされていたことが記録に残っています。

鎌倉時代・室町時代: 犬に関する新たな活動が始まりました。弓術の作法の一つとして「犬追物」が生まれ、競技場に150匹の犬が放たれ、一定の時間内に何匹の犬が残るかを競いました。
この競技では、犬を害さないように、特別な矢「犬射引目」が使われました。これにより、犬を傷つけることなく競技が行われました。

安土桃山時代: 多くの戦国大名が犬を権力の象徴として飼うようになりました。多くの犬は愛され、贈り物として贈られることもありました。
しかし、豊臣秀吉だけは「虎の餌にする」という理由で大量の犬を集めました。彼は周囲の村人たちにも犬を提供するよう命じ、独自の政策を実施しました。

このように、日本の歴史を通じて犬は多くの役割を果たし、その扱い方が時代とともに変化してきました。現代の日本では、犬は家庭でのペットとして大切にされ、飼い主たちに愛情と忠誠を提供しています。

江戸時代:日本の歴史の中で特筆すべき出来事の一つは、徳川綱吉が「生類憐みの令」を発布したことです。この法令は、動物保護に焦点を当て、特に犬を保護しました。この時代には、犬を殺すことが獄門刑につながることもありました。綱吉は自身が愛した狆(チン)という犬種を100頭飼い、彼らを駕籠(かご)で運ぶことさえ行っていました。しかし、生類憐みの令は、後に徳川家宣によって廃止されました。

江戸時代では、日本原産の犬が特に親しまれていました。その中でも、狆(ちん)という犬種が圧倒的な人気を誇っていました。狆は座敷犬や抱き犬として飼われ、貴族に大変愛されました。

鎖国政策の中でオランダとの貿易が盛んであったこの時期には、外国産の座敷犬や大型犬が輸入され、大名の贈り物や献上品として親しまれました。特に大型犬は猟犬として飼育され、大名行列の際に役立つ存在でした。

江戸時代の一般人の犬の飼い方は、現代とは異なりました。犬は基本的に外で飼われ、リードなどでつながれることはありませんでした。江戸時代の犬たちは特定の領域で生活し、野良犬として暮らしていました。しかし、一般人たちは犬たちに食事を提供し、しつけを行っていました。犬に対する愛情を示すため、飼い主ではない人々も犬のお世話をしました。

江戸時代における犬と人間の関係は、生類憐みの令という法令が影響を与えています。この法令は、動物保護を目的とし、虐待や殺生を禁止しました。綱吉の人情に基づく政策として、この法令は多くの動物を保護し、江戸時代の人々と犬との絆を深めました。

明治時代:「犬も歩けば棒に当たる」ということわざは、現代では運が良いことがあるという意味でよく使われますが、その本来の意味は「犬も出歩けば棒で殴られる。無駄なことをしないでじっとしているほうが安全」というものでした。このことわざが日本の言葉に入ってから、犬の立場や犬の生活についても大きく変化しました。

明治時代に入ると、犬たちの名前にも変化が見られました。明治9年には、犬の名前としてトラ、クマ、ムク、ポチなどがよく使われました。特に「ポチ」という名前は、その由来が「ふち→パッチ→ポチ」と変遷していったものとされています。

また、明治初期には、日本人が洋犬を「カメ」と呼んでいたことがあります。この奇妙な呼び名の由来についても議論されており、一説には「カムヒア」という言葉を聞いたことから派生したものと考えられています。

こうした犬に関する歴史的なエピソードは、言葉や文化の変化とともに、犬たちの役割や名前にも影響を与えました。

犬や猫は人気のペットですが、泣かないし臭くないし散歩の必要がないという理由から、ウサギが一時的にブームになったことがありました。このウサギブームは、実は明治時代にも一度起きたことがあり、非常に人気のあるペットであったと言われています。

明治時代において、ウサギは飼育が簡単で食用にも利用できることから、多くの人に愛されました。特に珍しい種類のウサギは高額で取引され、一部の人々はウサギで利益を追求しました。このウサギブームの影響で、当時は「ウサギ税」と呼ばれる課税制度まで導入されました。

明治6年に制定された「兎取締ノ儀」という法律により、ウサギ一匹につき1円の税金が課されることとなりました。当時の物価を考えると、1円は相当な金額であり、米2升(約30kg)が買えるほどの価値がありました。ウサギブームの中では、珍しい種類のウサギが1匹150~450円という高値で取引されることもありました。

しかし、ウサギブームは自然と終息し、ウサギ税も制定から6年余りで廃止されました。このような珍しい時期もあったというウサギの歴史は、ペットとしての人気や価値観の変化を示す興味深いエピソードと言えます。

次回、大正時代~平成時代に続きます。




 

ブログに戻る