ワンちゃん与えたら本当に危険な食べ物

ワンちゃん与えたら本当に危険な食べ物

こちらの記事では犬に与えてはならない危険な食べ物をご紹介いたします。
まず前提として、犬は食に対する知識が無いです。

そして私たち人間には無害である食品も、犬にとっては危険な食品もたくさんあり、食べた量や品種やサイズによっては、死に至る場合があります。

犬は食べ物を見つけたら食べてしまうことが多いです。
人間が食べれるから大丈夫という理由で犬に与えないようにし、
彼らの手の届かない場所に保管してください。

それでは、犬が食べてはいけない食材についてと、
もし食べてしまった場合に何が起こるか詳しく見ていきます。

 

危険度の高い与えてはならない食品

ネギ、玉ねぎ、にんにく、ニラ
ネギの仲間、調理済みのもの、または粉末形状はすべて有毒です。
赤血球の損傷を引き起こすことがあり、初期の症状としては、嘔吐、下痢、弱さ、食欲不振があります。
症状は進行し(摂取後数日かかることもあり)、血尿、歯茎が青白くなったり、心拍数が速くなったり、呼吸困難が起こることがあります。
これは溶血性貧血によるものです。


カフェイン
コーヒーやエネルギードリンクなどに含まれるカフェインを避けるべきです。
もし摂取した場合に起こる症状は、嘔吐、下痢、心拍数の上昇、頻脈などが起こる可能性があります。

アルコール
少量でもアルコールは有害です。
症状としては嘔吐や下痢を引き起こし、中枢神経系に深刻なダメージを与える可能性があります。
ビールを作るためのホップも非常に有害です。
これは、悪性高熱を引き起こす可能性があります。


チョコレート
チョコレートにはテオブロミンが含まれており、これは心臓、腎臓、中枢神経系に悪影響を及ぼします。
チョコレートを摂取すると、嘔吐、下痢、のどの渇き、過活動、心拍の上昇、昏睡、さらには死に至ることがあります。
個体差はありますが、症状は6~12時間後に現れることがあります。


ブドウとレーズン
ブドウとレーズンには、急性腎不全と肝臓の損傷を引き起こす毒素が含まれています。摂取すると数時間後に嘔吐し、数日で腎不全の兆候が現れます。


キシリトール
キシリトールとは、ガム、菓子、歯磨き粉に使用される人工甘味料です。キシリトールは、インスリンの急速な放出を引き起こすことで、低血糖を引き起こし、発作、肝不全、さらには死に至る可能性があります。


パン生地
焼かれたパンは、安全に食べることができますが、
発酵中の生地はとっても危険です。
パン生地は、犬の胃の温かさで膨張し膨満感と痛みを引き起こします。
また、イースト菌がアルコールを放出し、吐き気を催すことがあり、急性アルコール中毒になる可能性もあります。


そのまま与えてはいけない食品

牛乳
牛乳にはラクトースという成分が含まれており、
分解するには消化酵素のラクターゼが必要です。
多くの犬はラクターゼの分泌が少ないため、消化不良を起こし下痢、膨満感、嘔吐を引き起こす可能性があります。
犬用に加工されたチーズなどは与えても可能です。


生卵
加熱した卵を与えるのは安全ですが、生の卵にはサルモネラなどの細菌が含まれていることがあり、また過剰に摂取するとビオチン(Bビタミン)の吸収を減少させるアビジンも含まれています。これにより、皮膚炎、成長不良を起こす可能性があります。


イカ、タコ、エビ、カニの生の場合
上記の食材を生で与えるとチアミナーゼという酵素の働きで、
ビタミンB1の欠乏を引き起こすことがあり、食欲不振、筋力の低下、首の下向き屈曲、痙攣が現れることがあります。
チアミナーゼは加熱すると消えますので、火を通せば与えても可能です。

 
その他避けるべき一般的な食品

  • 脂肪の多い肉の部分(肥満を引き起こし、膵炎を引き起こす可能性があります)

  • 猫用の食品(犬にとってはバランスが取れていません)

  • 大量の塩分

  • カビの生えた食品(トレモルジェニックマイコトキシンは重篤な病気を引き起こす可能性があります)

ここまで犬に与えてはいけない食品を紹介しました。
他にも、多数ありますので飼い主は与える前に必ず調べることが大切です。

摂取量やペットのサイズに応じて、より深刻な症状を起こす可能性があります。人間にとっての一口は、小さな犬にとっては満腹の食事のようなものです。

そして症状はすぐに現れることもありますが、数時間かけて発展することもあります。もし誤って食べてしまったことに気づいたら、放置せずにすぐに獣医師に相談することをおすすめします。

    ブログに戻る