夕日をと数頭の馬

馬肉のドッグフード

馬肉は犬が食べても大丈夫な食材です。
世界で初めて作られた犬用缶詰ドッグフードは馬肉を使ったものと言われております

馬肉の特徴

低脂肪・高たんぱく
馬肉は、脂肪が少なく、同時にたんぱく質が豊富な食材として知られています。一般的に手に入る馬肉は赤身肉が主体です。この特徴から、犬の食事において、たんぱく質を増やしたい場合には、馬肉が理想的な選択肢と言えます。

低アレルゲン
馬肉は他の肉と比べてアレルギー反応を起こしにくいとされていますが、犬によっては馬肉アレルギーを持っている可能性もあります。初めて馬肉を与える際には、極めて少量を試してみて、アレルギー反応が起こらないか様子を見ることが重要です。

犬が馬肉アレルギーを持つ場合、一般的なアレルギー症状として下痢や嘔吐、皮膚のかゆみが見られることがあります。もし少量の馬肉を与えた後にこれらの症状が現れる場合は、動物病院で専門家に相談することをおすすめします。

栄養豊富な馬肉
馬肉には他の肉と比べて多くの栄養素が含まれています。鉄分の含有量は牛肉や豚肉の約4倍、カルシウムは約3倍、そして肥満の原因となる脂質は鶏むね肉と同程度です。これにより、馬肉は栄養価の高いヘルシーな肉であることが分かります。

馬肉のメリットと栄養成分について

  1. ダイエット向けの理想的な食材
    馬肉は低脂肪であり、同量の牛肉や豚肉に比べてカロリーが約半分程度です。特にカロリーコントロールが必要な場合、赤身の馬肉を選ぶことで脂肪の摂取を抑えることが可能です。

  2. 食欲が不安定な犬に効果的な栄養
    馬肉にはグリコーゲンが多く含まれています。グリコーゲンは疲労回復に役立つほか、食欲を引き出す働きもあります。食事が不安定な犬にも食いつきを高める効果が期待できます。

  3. カルシウムとビタミンでバランスの取れた健康維持
    馬肉には豊富なカルシウムとビタミンB₁₂が含まれています。カルシウムは骨や歯の健康維持に必要な栄養素であり、ビタミンB₁₂はたんぱく質の合成や血液生成に寄与します。これらの栄養素は犬の健康状態をサポートします。



犬にとっての馬肉の安全性
犬が馬肉を食べても安全かどうか、その与え方などについて解説します。

犬は一般的に肉食動物であり、様々なタイプの肉を消化する能力を持っています。馬肉もその一部であり、適切に処理して与えれば問題ありません。むしろ、馬肉は低脂肪でありながら高たんぱくな食材として知られており、犬にとっての栄養源となります。

子犬やシニア犬にも馬肉を与えることは可能ですが、消化能力には個体差があります。特に子犬やシニア犬は消化不良を起こしやすい傾向があるため、少量から始め、異常がないか観察しながら徐々に増やしていくことが重要です。

 

馬肉の与え方と注意点
馬肉を犬に与える際のポイントと注意事項を紹介します。

一般的な馬刺しを含む生の馬肉を犬に与える場合、生食用として販売されているものでなければ、生で与えることは避けましょう。生肉には細菌や寄生虫のリスクが伴うため、必ず加熱調理してから与えるように心がけましょう。

ただし、犬用に販売されている生食用の肉にも注意が必要です。一般的な食品衛生法や畜場法は犬用の食品には適用されないため、衛生面でのリスクがあることを知っておくべきです。感染症リスクを最小限にするため、犬用の生肉は加熱してから与えることをおすすめします。

 

注意すべきリスクと製造段階で行う対処法
馬肉を与える際に気を付けるべきリスクと、それに対処する方法について説明します。

生の馬肉には寄生虫のリスクがあります。特に「ザルコシスティス・フェアリー」という寄生虫に注意が必要です。この寄生虫は冷凍処理によって死滅しますが、注意が必要なことは、適切な冷凍温度と時間を守ることです。

総じて、馬肉は犬にとって栄養価の高い食材ですが、適切な加熱調理や量の管理が重要です。犬の健康を考えながら、バランスの取れた食事を提供することが大切です。

ブログに戻る