寝そべっているワンちゃん

愛犬の下痢について

犬が体調不良の際は、飼い主の判断が非常に重要です。
特に消化器系の症状は、時に深刻な病気を示唆することがあるため、
正確な知識と適切な対処が求められます。

下痢は、犬に起こりやすい症状の一つであり、
その原因や症状、対処方法について詳しく知っておくことが重要です。

【下痢について】

犬の下痢の原因としては、異物摂取、感染症、食物アレルギー、薬の副作用、寄生虫、ドッグフードの急な変更、ストレス性、腫瘍など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

 

【感染症による下痢ついて】

感染症は、微生物(ウィルスや細菌など)によって引き起こされる病気です。
代表的なものは、カンピロバクター、サルモネラ、クロストリジウム、大腸菌、犬伝染性肝炎、犬コロナウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症などがあります。

これらの感染症も下痢になる可能性があります。
重篤な場合、致死的になるため、早期の対応が不可欠です。

感染症の予防には、感染症の種類により定期的なワクチン接種も効果的です。
また、日常の清潔管理、犬の外部寄生虫の予防も重要となります。

【小腸と大腸での下痢の違い】

健康状態をチェックする際、糞便の状態は非常に参考になります。
特に下痢の症状は、何らかの異常を示唆していることが多いのです。
そして、小腸起因と大腸起因の2つに大別されます。

【小腸起因の下痢】

このタイプの下痢は、排便の回数自体はそこまで増えないことが特徴ですが、
一度に出る量は多くなりがちです。

その便の中身には、未消化の食物や脂肪が多く含まれることがあり、
時には白っぽい色をしたものも。

長期間続くと、体調全般が悪化するリスクも。
特に便の色が黒い場合(メレナ)の場合は緊急性が高く
すぐに獣医師にご相談ください。

【大腸起因の下痢】

大腸から来る下痢は、粘った感じの便やゼリー状が特徴。
通常、未消化の食材は見当たらないものの、排便の回数が増加することが多いです。排便をする際に少し困難を感じることがあるかもしれません。
血が混じっている場合、それは鮮やかな赤色が特徴です。

【注意点と対処方法】

下痢の原因により危険度が異なります。
緊急性が高いのは、異物摂取、薬の誤飲、食中毒、腫瘍、食物アレルギー、
重度の膵炎、胃腸炎、子犬の感染症などです。

注意すべきは、雑草などの拾い食い、慢性腸炎、細菌やウイルス、寄生虫の感染症などです。

緊急性が高い症状には、水様の頻繁な下痢、嘔吐、血便、黒色便、食欲の低下、体重減少、3日以上の持続的下痢が含まれます。

それと、ゼリー状の便は、大腸に異常があるときに見られる特徴的な下痢です。
誤食、炎症性腸炎、腫瘍、副腎皮質機能低下症、その他、様々な原因が考えられますので原因を特定をしなければなりません。

この場合、3日以上の持続的下痢、嘔吐、血便、食欲の変化などの症状が見られることがあります。

絶食を試みることや、適切な食事と水分補給を提供することが大切ですが、むやみに市販の下痢止め薬などは与えず自己判断での治療は避け獣医師にご相談ください。

その他に原因と考えられる、食べ過ぎ、食事の変更、環境のストレス、消化が悪い食事などです。

食事が原因で下痢になる場合、ドッグフードの見直しや数日間の観察が助けになります。
特定のドッグフードや食材による反復下痢の場合は、食物不耐性や食物アレルギーの可能性が考えられます。

ストレスが原因で下痢が起こる場合、当然ながらストレス要因を取り除く努力が必要です。

【最後に】
あいえんの健康を守る上で、消化器系の異常に気を付けることが必要です。
下痢は頻繁に見られる症状で、異物摂取や感染症、
食物アレルギーなど様々な原因が考えられます。

特に、感染症は早期対応が肝心です。
愛犬の健康を考え、体調や行動の変化を注意深く観察し、
自己判断せずに、獣医師と連携を図ることをお勧めします。

ブログに戻る