机に広がる英文の本

ドッグフードのAAFCOて何ですか?

AAFCOの本質解説

AAFCOとは「アメリカ合衆国飼料管理役官協会」の略称です。これは、「The Association of American Feed Control Officials」の頭文字を取ってAAFCOと呼ばれています。この組織は、アメリカでペットフードの栄養とラベル表示に関する基準を策定しています。日本では一般に「アフコ」と呼ばれることがあります。

AAFCOが定めたドッグフードの栄養基準は、国際的なスタンダードとして広く認識されており、日本のペットフード業界でも尊重されています。しかしながら、AAFCO自体はペットフードの認定や承認を行う組織ではなく、あくまでガイドラインを提供しています。

従って、ドッグフードのパッケージに「AAFCO認定」といった表現は使用すべきではなく、「AAFCO(アメリカ合衆国飼料管理役官協会)の基準を満たしています」という表現が正確です。

AAFCOだから大丈夫??

AAFCOだから大丈夫ということはありません。ここで留意すべき点があります。それは、単なる指針であるという事実です。

これはペットと飼い主の健康にとって重要な基準でありながら、「AAFCOなら安心」という概念にあまり依存すべきではありません。

なぜなら、基準を満たしていても、ワンちゃんにとって好ましくない成分を含むドッグフードが存在するからです。

AAFCOは商品ラベルに関しては厳格な規制を課していますが、原材料に対してはそれほど厳しい制限がありません。簡潔に言えば、「基準内であれば、どのような原材料でも使用可能」ということです。

ここで問題となるのは、各メーカーの裁量です。残念ながら、一部のドッグフードメーカーは基準をクリアするために、人工添加物などを使用しています。こうしたリスクについては、「ペットの健康と食事の関係」や「ペットのアレルギーの原因は食事?」などの議論で詳しく言及されています。

要するに、「AAFCO基準を満たしている」というだけで、「安全である」とは限らないのです。ドッグフードを選ぶ際には、「AAFCOだから安全」という単純な判断でなく、原材料と製造過程を入念に確認してから購入することが重要です。

私たちは、健康と栄養を大切に考える飼い主様の皆様に向けて、新鮮な馬肉を使用したフードを提供しています。当社の使命は、AAFCO基準をクリアしながらも、より深い次元でペットの健康をサポートすることです。

AAFCOの基準を満たすことは私たちの最低基準ですが、私たちはそこに満足しません。私たちはAAFCOの理念に共感し、また人間用の食材、サプリメントをするなど常により良い食材にアップグレードしております。

この情熱を基に、私たちは独自の規制のもと、獣医師と協力して、ワンちゃん本来の食性である「肉食」に応じたオリジナルレシピを開発しました。

ロミーのドッグフードは、新鮮な馬肉を主成分として使用し、タンパク質、脂質、炭水化物のバランスを考慮して配合、調理されています。AAFCOの基準を厳格にクリアするだけでなく、ワンちゃんの健康にとって最適な栄養素を含んでいます。

「安心して与えられるフレッシュドッグフード」をお探しの飼い主の皆様に、ロミーの製品をぜひご検討いただきたいと考えています。

私たちはワンちゃんの健康を最優先に考え、そのために最高品質の食材と獣医師の専門知識を活用しています。あなたの大切なパートナーに、最良の栄養を提供するサポートをさせてください。

ブログに戻る