Rommyのコラム

ワンちゃんが長生きする習慣

ワンちゃんが長生きする習慣

愛犬が健康で長生きするためのケアは、飼い主の重要な役割です。それでは、愛犬が長生きするための方法や重要なポイントについて、一緒に見ていきましょう。 定期的な健康診断0歳~1歳までに診断した際に、判明する病気としては先天性疾患の可能性があります。その後も半年に1回は定期的に健康診断を受けさせることで、早期発見・早期治療が可能となります。特に加齢に伴う疾患や内臓の問題など、症状が出にくい病気も多いので、予防的な健康診断は非常に重要です。 適切な食事管理人間と同じで肥満は犬の健康に多くの悪影響をもたらします。獣医師に相談の上、バランスの良いドッグフードを与えることで、肥満を予防することができます。またダイエットドッグフードやステージにあったドッグフードを選ぶと良いでしょう。 日常の適度な運動運動不足によって、肥満になったりストレスが増えたりします。また日常的な運動によって、筋肉や関節の健康を保つことが出来ます。ただし、種類や年齢、健康状態に応じて適切な運動量にしましょう。 口腔ケア歯石の除去や歯ブラシでのブラッシングを定期的に行い、口腔環境を清潔に保つことが大切です。口腔ケアを怠ると外歯瘻、口腔鼻腔瘻、心内膜炎、肺炎などを患う可能性があります。 過ごしやすい環境づくり温度や湿度を適切に管理し、ストレスの少ない環境を作ることで、犬の健康を守ることができます。特に夏の熱中症や冬の冷え対策は注意が必要です。犬種によって様々ですので適した環境づくりを行ってください。 ワクチン接種感染症を予防するために、定期的なワクチン接種を行うことが大切です。ワクチンの種類としては犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザウイルス感染症、狂犬病ウイルス、その他様々で、狂犬病ウィルスに関しては91日齢以上の犬に接種義務があります。 外部・内部寄生虫の予防定期的な駆虫やフィラリアの予防、ノミ・マダニ対策など、寄生虫の予防も健康維持には欠かせません。フィラリアは、まず血液検査を行いフィラリアが寄生していないことを確認します。その後、予防薬を投与する時期は、蚊が飛ぶようになってから1ヶ月後~蚊がいなくなってから1ヶ月後まで、1ヶ月毎に期限を守って投与するようにして下さい。自己判断せず必ず獣医師にご相談してから投与を行ってください。 教育としつけしつけを通じて、犬との関係を良好に保つことで、ストレスの少ない生活をサポートします。事故やトラブルを避けるための基本的なマインドを教えることも重要です。 繁殖の管理適切な時期に去勢・避妊手術を行うことで、生殖器系の疾患や予防することができます。もし繁殖を望まないようでしたら不妊去勢手術をすることがおすすめです。精巣腫瘍、前立腺の疾病、子宮蓄膿症などのリスクが軽減します。 最後に 愛犬の健康と長寿を守るためには、飼い主はこれらの取り組みを通じて、より愛犬との絆が深まることでしょう。獣医師と連携して飼い主が積極的にこれらのポイントに取り組むことが大切です。

ワンちゃんが長生きする習慣

愛犬が健康で長生きするためのケアは、飼い主の重要な役割です。それでは、愛犬が長生きするための方法や重要なポイントについて、一緒に見ていきましょう。 定期的な健康診断0歳~1歳までに診断した際に、判明する病気としては先天性疾患の可能性があります。その後も半年に1回は定期的に健康診断を受けさせることで、早期発見・早期治療が可能となります。特に加齢に伴う疾患や内臓の問題など、症状が出にくい病気も多いので、予防的な健康診断は非常に重要です。 適切な食事管理人間と同じで肥満は犬の健康に多くの悪影響をもたらします。獣医師に相談の上、バランスの良いドッグフードを与えることで、肥満を予防することができます。またダイエットドッグフードやステージにあったドッグフードを選ぶと良いでしょう。 日常の適度な運動運動不足によって、肥満になったりストレスが増えたりします。また日常的な運動によって、筋肉や関節の健康を保つことが出来ます。ただし、種類や年齢、健康状態に応じて適切な運動量にしましょう。 口腔ケア歯石の除去や歯ブラシでのブラッシングを定期的に行い、口腔環境を清潔に保つことが大切です。口腔ケアを怠ると外歯瘻、口腔鼻腔瘻、心内膜炎、肺炎などを患う可能性があります。 過ごしやすい環境づくり温度や湿度を適切に管理し、ストレスの少ない環境を作ることで、犬の健康を守ることができます。特に夏の熱中症や冬の冷え対策は注意が必要です。犬種によって様々ですので適した環境づくりを行ってください。 ワクチン接種感染症を予防するために、定期的なワクチン接種を行うことが大切です。ワクチンの種類としては犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザウイルス感染症、狂犬病ウイルス、その他様々で、狂犬病ウィルスに関しては91日齢以上の犬に接種義務があります。 外部・内部寄生虫の予防定期的な駆虫やフィラリアの予防、ノミ・マダニ対策など、寄生虫の予防も健康維持には欠かせません。フィラリアは、まず血液検査を行いフィラリアが寄生していないことを確認します。その後、予防薬を投与する時期は、蚊が飛ぶようになってから1ヶ月後~蚊がいなくなってから1ヶ月後まで、1ヶ月毎に期限を守って投与するようにして下さい。自己判断せず必ず獣医師にご相談してから投与を行ってください。 教育としつけしつけを通じて、犬との関係を良好に保つことで、ストレスの少ない生活をサポートします。事故やトラブルを避けるための基本的なマインドを教えることも重要です。 繁殖の管理適切な時期に去勢・避妊手術を行うことで、生殖器系の疾患や予防することができます。もし繁殖を望まないようでしたら不妊去勢手術をすることがおすすめです。精巣腫瘍、前立腺の疾病、子宮蓄膿症などのリスクが軽減します。 最後に 愛犬の健康と長寿を守るためには、飼い主はこれらの取り組みを通じて、より愛犬との絆が深まることでしょう。獣医師と連携して飼い主が積極的にこれらのポイントに取り組むことが大切です。

ワンちゃん与えたら本当に危険な食べ物

ワンちゃん与えたら本当に危険な食べ物

こちらの記事では犬に与えてはならない危険な食べ物をご紹介いたします。まず前提として、犬は食に対する知識が無いです。 そして私たち人間には無害である食品も、犬にとっては危険な食品もたくさんあり、食べた量や品種やサイズによっては、死に至る場合があります。犬は食べ物を見つけたら食べてしまうことが多いです。人間が食べれるから大丈夫という理由で犬に与えないようにし、彼らの手の届かない場所に保管してください。 それでは、犬が食べてはいけない食材についてと、もし食べてしまった場合に何が起こるか詳しく見ていきます。   危険度の高い与えてはならない食品 ネギ、玉ねぎ、にんにく、ニラ ネギの仲間、調理済みのもの、または粉末形状はすべて有毒です。赤血球の損傷を引き起こすことがあり、初期の症状としては、嘔吐、下痢、弱さ、食欲不振があります。症状は進行し(摂取後数日かかることもあり)、血尿、歯茎が青白くなったり、心拍数が速くなったり、呼吸困難が起こることがあります。これは溶血性貧血によるものです。 カフェイン コーヒーやエネルギードリンクなどに含まれるカフェインを避けるべきです。もし摂取した場合に起こる症状は、嘔吐、下痢、心拍数の上昇、頻脈などが起こる可能性があります。 アルコール少量でもアルコールは有害です。症状としては嘔吐や下痢を引き起こし、中枢神経系に深刻なダメージを与える可能性があります。ビールを作るためのホップも非常に有害です。これは、悪性高熱を引き起こす可能性があります。 チョコレート チョコレートにはテオブロミンが含まれており、これは心臓、腎臓、中枢神経系に悪影響を及ぼします。チョコレートを摂取すると、嘔吐、下痢、のどの渇き、過活動、心拍の上昇、昏睡、さらには死に至ることがあります。個体差はありますが、症状は6~12時間後に現れることがあります。ブドウとレーズン ブドウとレーズンには、急性腎不全と肝臓の損傷を引き起こす毒素が含まれています。摂取すると数時間後に嘔吐し、数日で腎不全の兆候が現れます。キシリトールキシリトールとは、ガム、菓子、歯磨き粉に使用される人工甘味料です。キシリトールは、インスリンの急速な放出を引き起こすことで、低血糖を引き起こし、発作、肝不全、さらには死に至る可能性があります。パン生地 焼かれたパンは、安全に食べることができますが、発酵中の生地はとっても危険です。パン生地は、犬の胃の温かさで膨張し膨満感と痛みを引き起こします。また、イースト菌がアルコールを放出し、吐き気を催すことがあり、急性アルコール中毒になる可能性もあります。 そのまま与えてはいけない食品 牛乳 牛乳にはラクトースという成分が含まれており、分解するには消化酵素のラクターゼが必要です。多くの犬はラクターゼの分泌が少ないため、消化不良を起こし下痢、膨満感、嘔吐を引き起こす可能性があります。犬用に加工されたチーズなどは与えても可能です。生卵 加熱した卵を与えるのは安全ですが、生の卵にはサルモネラなどの細菌が含まれていることがあり、また過剰に摂取するとビオチン(Bビタミン)の吸収を減少させるアビジンも含まれています。これにより、皮膚炎、成長不良を起こす可能性があります。 イカ、タコ、エビ、カニの生の場合上記の食材を生で与えるとチアミナーゼという酵素の働きで、ビタミンB1の欠乏を引き起こすことがあり、食欲不振、筋力の低下、首の下向き屈曲、痙攣が現れることがあります。チアミナーゼは加熱すると消えますので、火を通せば与えても可能です。  その他避けるべき一般的な食品 脂肪の多い肉の部分(肥満を引き起こし、膵炎を引き起こす可能性があります) 猫用の食品(犬にとってはバランスが取れていません) 大量の塩分 カビの生えた食品(トレモルジェニックマイコトキシンは重篤な病気を引き起こす可能性があります) ここまで犬に与えてはいけない食品を紹介しました。他にも、多数ありますので飼い主は与える前に必ず調べることが大切です。摂取量やペットのサイズに応じて、より深刻な症状を起こす可能性があります。人間にとっての一口は、小さな犬にとっては満腹の食事のようなものです。 そして症状はすぐに現れることもありますが、数時間かけて発展することもあります。もし誤って食べてしまったことに気づいたら、放置せずにすぐに獣医師に相談することをおすすめします。

ワンちゃん与えたら本当に危険な食べ物

こちらの記事では犬に与えてはならない危険な食べ物をご紹介いたします。まず前提として、犬は食に対する知識が無いです。 そして私たち人間には無害である食品も、犬にとっては危険な食品もたくさんあり、食べた量や品種やサイズによっては、死に至る場合があります。犬は食べ物を見つけたら食べてしまうことが多いです。人間が食べれるから大丈夫という理由で犬に与えないようにし、彼らの手の届かない場所に保管してください。 それでは、犬が食べてはいけない食材についてと、もし食べてしまった場合に何が起こるか詳しく見ていきます。   危険度の高い与えてはならない食品 ネギ、玉ねぎ、にんにく、ニラ ネギの仲間、調理済みのもの、または粉末形状はすべて有毒です。赤血球の損傷を引き起こすことがあり、初期の症状としては、嘔吐、下痢、弱さ、食欲不振があります。症状は進行し(摂取後数日かかることもあり)、血尿、歯茎が青白くなったり、心拍数が速くなったり、呼吸困難が起こることがあります。これは溶血性貧血によるものです。 カフェイン コーヒーやエネルギードリンクなどに含まれるカフェインを避けるべきです。もし摂取した場合に起こる症状は、嘔吐、下痢、心拍数の上昇、頻脈などが起こる可能性があります。 アルコール少量でもアルコールは有害です。症状としては嘔吐や下痢を引き起こし、中枢神経系に深刻なダメージを与える可能性があります。ビールを作るためのホップも非常に有害です。これは、悪性高熱を引き起こす可能性があります。 チョコレート チョコレートにはテオブロミンが含まれており、これは心臓、腎臓、中枢神経系に悪影響を及ぼします。チョコレートを摂取すると、嘔吐、下痢、のどの渇き、過活動、心拍の上昇、昏睡、さらには死に至ることがあります。個体差はありますが、症状は6~12時間後に現れることがあります。ブドウとレーズン ブドウとレーズンには、急性腎不全と肝臓の損傷を引き起こす毒素が含まれています。摂取すると数時間後に嘔吐し、数日で腎不全の兆候が現れます。キシリトールキシリトールとは、ガム、菓子、歯磨き粉に使用される人工甘味料です。キシリトールは、インスリンの急速な放出を引き起こすことで、低血糖を引き起こし、発作、肝不全、さらには死に至る可能性があります。パン生地 焼かれたパンは、安全に食べることができますが、発酵中の生地はとっても危険です。パン生地は、犬の胃の温かさで膨張し膨満感と痛みを引き起こします。また、イースト菌がアルコールを放出し、吐き気を催すことがあり、急性アルコール中毒になる可能性もあります。 そのまま与えてはいけない食品 牛乳 牛乳にはラクトースという成分が含まれており、分解するには消化酵素のラクターゼが必要です。多くの犬はラクターゼの分泌が少ないため、消化不良を起こし下痢、膨満感、嘔吐を引き起こす可能性があります。犬用に加工されたチーズなどは与えても可能です。生卵 加熱した卵を与えるのは安全ですが、生の卵にはサルモネラなどの細菌が含まれていることがあり、また過剰に摂取するとビオチン(Bビタミン)の吸収を減少させるアビジンも含まれています。これにより、皮膚炎、成長不良を起こす可能性があります。 イカ、タコ、エビ、カニの生の場合上記の食材を生で与えるとチアミナーゼという酵素の働きで、ビタミンB1の欠乏を引き起こすことがあり、食欲不振、筋力の低下、首の下向き屈曲、痙攣が現れることがあります。チアミナーゼは加熱すると消えますので、火を通せば与えても可能です。  その他避けるべき一般的な食品 脂肪の多い肉の部分(肥満を引き起こし、膵炎を引き起こす可能性があります) 猫用の食品(犬にとってはバランスが取れていません) 大量の塩分 カビの生えた食品(トレモルジェニックマイコトキシンは重篤な病気を引き起こす可能性があります) ここまで犬に与えてはいけない食品を紹介しました。他にも、多数ありますので飼い主は与える前に必ず調べることが大切です。摂取量やペットのサイズに応じて、より深刻な症状を起こす可能性があります。人間にとっての一口は、小さな犬にとっては満腹の食事のようなものです。 そして症状はすぐに現れることもありますが、数時間かけて発展することもあります。もし誤って食べてしまったことに気づいたら、放置せずにすぐに獣医師に相談することをおすすめします。

食べムラはなぜ起こるのか?

食べムラはなぜ起こるのか?

食べムラはなぜ起こるのか?愛犬がドッグフードを食べなくなると、とても心配になります。その理由はさまざまで、原因を正確に把握し、改善の計画を立てることが重要です。まず、犬は食欲、食事量をどう判断しているかを考慮することが必要です。ドッグフードのパッケージに書かれているガイドラインよりも少ない量しか食べないかもしれません。しかし、これらのガイドラインは平均的なものでしかありません。健康な犬でも、パッケージに記載されている量の60%から70%しか食べないこともあります。また、食欲減退は病気の兆候である可能性があるため、食事の習慣に変化が起きた場合は獣医師の診察を受けることが最も重要です。特に普段よく食べる子が食事を拒否した場合、速やかな対応が求められます。食事を拒否する理由人間と同じように、犬が食事を拒否する理由は多岐にわたります。1. 何かしらの疾病食欲減退は病気の兆候であることが多く、病気の症状と同時に現れます。食欲の低下が必ずしも重大な病気を意味するわけではありませんが、がんや感染症、肝臓の疾病、腎不全などの重大な病気の兆候である可能性があるため、速やかに獣医師の診察を受けることが重要です。2. 歯科疾患口内に痛みや問題を抱えるとドッグフードを積極的に食べようとしません。虫歯やぐらついた歯、重度の歯肉炎、口内腫瘍などのチェックが必要です。歯根の膿瘍のように、歯肉の下で起きていることが見えない場合もあります。飼い主が、原因を特定することが難しいため獣医師にご相談ください。3. ワクチン接種ワクチンの接種に伴い副作用が発生あり、一時的な食欲減退が起こる可能性があります。4. 引っ越しや旅行など環境の変化環境の変化により食欲が低下する場合があります。新しい場所で緊張したり環境の変化でストレスを感じることがあり、中には乗り物酔いをする子います。環境に慣れるまで一時的な食欲減退が起こることがあります。5. 単に好き嫌いをしている単に食事に対して好き嫌いをしている場合があります。しかし、食欲減退が病気によるものである可能性があるため、必ずしも、好き嫌いをしていると断定してはいけません。獣医師に相談することをおすすめします。6.高齢、または認知症高齢の場合、活動量が低下すると食欲の低下がみられます。それと行動障害や不適切な排便などが頻繁に起こる際は認知症が疑われますので、進行を遅らせる対処が必要です。早めに獣医師にご相談ください。食事を拒否する場合の対処方法まずは食事を拒否する理由によって、どのように対処するかが決まります。病気が原因で食欲が低下している場合、獣医師に相談すると療法食を勧めることがあります。重度の場合、獣医は食欲を増進させる薬を処方したり、液体の食事をシリンジで与えたり、経管栄養法を行う場合があります。獣医師の診断で、食欲減少が好き嫌いや環境の変化によるストレスの場合、食事を摂取するよう促すためにできることがいくつかあります。1. 新しいドッグフードを試す 犬が既存のドッグフードに飽きている場合、別の高品質のフードを試すと食欲を改善できる場合があります。2. 食事の環境の変更騒音などの周囲の環境に気を取られている場合、静かでリラックスできる場所での食事を試みてください。3. 手作りごはんを試すお気に入りの食材で手作りのごはんを提供してみることで、食欲を取り戻す助けになることがあります。 4.おやつなどを与えない食事は食べないがおやつや人間の食べ物は食べる場合はおやつなどを与えるのを止めてください。5. ドッグフードを与える時間のルーティン化適切な時間に定期的に食事を与えることで、食事のリズムを整えることができます。   最後に何を試しても犬の食欲が戻らない、または症状が悪化する場合は、再度獣医のアドバイスを求めることが最も重要です。食欲不振は、単なる好き嫌いから深刻な健康問題まで、さまざまな原因によるものであるため、根気強く継続的なケアと注意が必要です。

食べムラはなぜ起こるのか?

食べムラはなぜ起こるのか?愛犬がドッグフードを食べなくなると、とても心配になります。その理由はさまざまで、原因を正確に把握し、改善の計画を立てることが重要です。まず、犬は食欲、食事量をどう判断しているかを考慮することが必要です。ドッグフードのパッケージに書かれているガイドラインよりも少ない量しか食べないかもしれません。しかし、これらのガイドラインは平均的なものでしかありません。健康な犬でも、パッケージに記載されている量の60%から70%しか食べないこともあります。また、食欲減退は病気の兆候である可能性があるため、食事の習慣に変化が起きた場合は獣医師の診察を受けることが最も重要です。特に普段よく食べる子が食事を拒否した場合、速やかな対応が求められます。食事を拒否する理由人間と同じように、犬が食事を拒否する理由は多岐にわたります。1. 何かしらの疾病食欲減退は病気の兆候であることが多く、病気の症状と同時に現れます。食欲の低下が必ずしも重大な病気を意味するわけではありませんが、がんや感染症、肝臓の疾病、腎不全などの重大な病気の兆候である可能性があるため、速やかに獣医師の診察を受けることが重要です。2. 歯科疾患口内に痛みや問題を抱えるとドッグフードを積極的に食べようとしません。虫歯やぐらついた歯、重度の歯肉炎、口内腫瘍などのチェックが必要です。歯根の膿瘍のように、歯肉の下で起きていることが見えない場合もあります。飼い主が、原因を特定することが難しいため獣医師にご相談ください。3. ワクチン接種ワクチンの接種に伴い副作用が発生あり、一時的な食欲減退が起こる可能性があります。4. 引っ越しや旅行など環境の変化環境の変化により食欲が低下する場合があります。新しい場所で緊張したり環境の変化でストレスを感じることがあり、中には乗り物酔いをする子います。環境に慣れるまで一時的な食欲減退が起こることがあります。5. 単に好き嫌いをしている単に食事に対して好き嫌いをしている場合があります。しかし、食欲減退が病気によるものである可能性があるため、必ずしも、好き嫌いをしていると断定してはいけません。獣医師に相談することをおすすめします。6.高齢、または認知症高齢の場合、活動量が低下すると食欲の低下がみられます。それと行動障害や不適切な排便などが頻繁に起こる際は認知症が疑われますので、進行を遅らせる対処が必要です。早めに獣医師にご相談ください。食事を拒否する場合の対処方法まずは食事を拒否する理由によって、どのように対処するかが決まります。病気が原因で食欲が低下している場合、獣医師に相談すると療法食を勧めることがあります。重度の場合、獣医は食欲を増進させる薬を処方したり、液体の食事をシリンジで与えたり、経管栄養法を行う場合があります。獣医師の診断で、食欲減少が好き嫌いや環境の変化によるストレスの場合、食事を摂取するよう促すためにできることがいくつかあります。1. 新しいドッグフードを試す 犬が既存のドッグフードに飽きている場合、別の高品質のフードを試すと食欲を改善できる場合があります。2. 食事の環境の変更騒音などの周囲の環境に気を取られている場合、静かでリラックスできる場所での食事を試みてください。3. 手作りごはんを試すお気に入りの食材で手作りのごはんを提供してみることで、食欲を取り戻す助けになることがあります。 4.おやつなどを与えない食事は食べないがおやつや人間の食べ物は食べる場合はおやつなどを与えるのを止めてください。5. ドッグフードを与える時間のルーティン化適切な時間に定期的に食事を与えることで、食事のリズムを整えることができます。   最後に何を試しても犬の食欲が戻らない、または症状が悪化する場合は、再度獣医のアドバイスを求めることが最も重要です。食欲不振は、単なる好き嫌いから深刻な健康問題まで、さまざまな原因によるものであるため、根気強く継続的なケアと注意が必要です。

トイプードル

トイプードル

トイプードルとは プードルは、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと4サイズに別けられます。犬種としてはすべて同じプードルですが、プードルの中でも特に小さなサイズがトイプードルとなります。体高は約24〜28cm、体重は2〜3kg程度が一般的です。その小ささと愛らしい顔立ちから、ペットとしての人気が高い犬種です。 中世 - プードルの起源 プードルの起源は中世のドイツに遡ることができます。この時期、プードルは「Pudel」や「Pudelhund」と呼ばれ、水辺での狩猟や作業を手伝う犬として活躍していました。その名前はドイツ語で「水たまり」を意味する「Pfudel」から派生したと考えられています。 17世紀 - フランスでルイ15世とプードル ルイ15世はこの犬種を非常に気に入っていたと伝えられており、特にその優しさと忠誠心に魅了されていたようです。この時期にミニチュアプードルのような小さなプードルの品種が登場しました。また、彼の影響を受けて、富裕層がペットとしてこの犬種を飼うようになりました。 18-19世紀 - サイズ分類とトイプードルの登場 18世紀から19世紀にかけて、プードルはサイズや用途に応じていくつかのバリエーションが生まれました。この時期にスタンダード・ミニチュア・トイと分類されました。特に都市部の生活に適したトイプードルは人気が高かったようです。 20世紀初頭 - トイプードルの世界的な普及 20世紀に入ると、トイプードルはアメリカやヨーロッパで非常に人気が高まりました。特にアメリカでは、都市部の家庭での飼いやすさや、アレルギーを引き起こしにくい毛質が受け入れられ、多くの家庭で愛されるようになりました。 日本でのトイプードル 現在、日本では約26000頭のトイプードルが飼われています。最も飼われている犬種です。 以前から日本にはプードルは存在していましたが、1980年代後半から1990年代にかけてペットとしての犬の需要が高まり、トイプードルのような小型犬の人気が急上昇しました。特に2000年代に入ると、トイプードルは都市部での生活に適したペットとして、その可愛らしさと扱いやすさから、非常に人気のある犬種となりました。 日本におけるペット文化の変化、都市生活の変遷、そしてメディアやセレブリティの影響など、多くの要因が組み合わさってトイプードルの人気が高まったと言えるでしょう。 性格 トイプードルは、知的で愛情深く、社交的な性格を持っています。家族に対して非常に忠実で、新しい人や環境にも比較的順応しやすいです。活発な犬種なので運動不足でストレスが溜まることがあるので十分なお散歩が必要とされます。 コート 毛色はホワイト、ブラック、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、レッドなどがあります。トイプードルの毛質はカーリー(巻き毛)で、放っておくと絡まってしまいます。定期的なブラッシングやトリミングが必要です。特にトイプードルは、目や足の間など、毛が絡まりやすい部分に注意が必要です。また、寒い時期以外はカットを短くしておくとお手入れがしやすいです。 病気について トイプードルは一般的に健康な犬種ですが、遺伝的に特定の病気にかかりやすい傾向があります。 ・膝蓋骨脱臼後ろ肢の膝の膝蓋骨が脱臼する病気です。不自然な歩き方や足を上げて歩行などしていると膝蓋骨脱臼が疑われます。 ・レッグペルテス大腿骨の関節周囲に炎症が起こし大腿骨頭への血液が悪くなり大腿骨頭が壊死してしまう病気です。パピーに多く見られます。...

トイプードル

トイプードルとは プードルは、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと4サイズに別けられます。犬種としてはすべて同じプードルですが、プードルの中でも特に小さなサイズがトイプードルとなります。体高は約24〜28cm、体重は2〜3kg程度が一般的です。その小ささと愛らしい顔立ちから、ペットとしての人気が高い犬種です。 中世 - プードルの起源 プードルの起源は中世のドイツに遡ることができます。この時期、プードルは「Pudel」や「Pudelhund」と呼ばれ、水辺での狩猟や作業を手伝う犬として活躍していました。その名前はドイツ語で「水たまり」を意味する「Pfudel」から派生したと考えられています。 17世紀 - フランスでルイ15世とプードル ルイ15世はこの犬種を非常に気に入っていたと伝えられており、特にその優しさと忠誠心に魅了されていたようです。この時期にミニチュアプードルのような小さなプードルの品種が登場しました。また、彼の影響を受けて、富裕層がペットとしてこの犬種を飼うようになりました。 18-19世紀 - サイズ分類とトイプードルの登場 18世紀から19世紀にかけて、プードルはサイズや用途に応じていくつかのバリエーションが生まれました。この時期にスタンダード・ミニチュア・トイと分類されました。特に都市部の生活に適したトイプードルは人気が高かったようです。 20世紀初頭 - トイプードルの世界的な普及 20世紀に入ると、トイプードルはアメリカやヨーロッパで非常に人気が高まりました。特にアメリカでは、都市部の家庭での飼いやすさや、アレルギーを引き起こしにくい毛質が受け入れられ、多くの家庭で愛されるようになりました。 日本でのトイプードル 現在、日本では約26000頭のトイプードルが飼われています。最も飼われている犬種です。 以前から日本にはプードルは存在していましたが、1980年代後半から1990年代にかけてペットとしての犬の需要が高まり、トイプードルのような小型犬の人気が急上昇しました。特に2000年代に入ると、トイプードルは都市部での生活に適したペットとして、その可愛らしさと扱いやすさから、非常に人気のある犬種となりました。 日本におけるペット文化の変化、都市生活の変遷、そしてメディアやセレブリティの影響など、多くの要因が組み合わさってトイプードルの人気が高まったと言えるでしょう。 性格 トイプードルは、知的で愛情深く、社交的な性格を持っています。家族に対して非常に忠実で、新しい人や環境にも比較的順応しやすいです。活発な犬種なので運動不足でストレスが溜まることがあるので十分なお散歩が必要とされます。 コート 毛色はホワイト、ブラック、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、レッドなどがあります。トイプードルの毛質はカーリー(巻き毛)で、放っておくと絡まってしまいます。定期的なブラッシングやトリミングが必要です。特にトイプードルは、目や足の間など、毛が絡まりやすい部分に注意が必要です。また、寒い時期以外はカットを短くしておくとお手入れがしやすいです。 病気について トイプードルは一般的に健康な犬種ですが、遺伝的に特定の病気にかかりやすい傾向があります。 ・膝蓋骨脱臼後ろ肢の膝の膝蓋骨が脱臼する病気です。不自然な歩き方や足を上げて歩行などしていると膝蓋骨脱臼が疑われます。 ・レッグペルテス大腿骨の関節周囲に炎症が起こし大腿骨頭への血液が悪くなり大腿骨頭が壊死してしまう病気です。パピーに多く見られます。...

【食物アレルギー】グルテン、グレインフリー??

【食物アレルギー】グルテン、グレインフリー??

食物アレルギーについて食物アレルギーは、犬の健康に関する誤解の多いトピックの一つです。そして愛犬のドッグフード選びなどで重要な要素となりますので、以下に、食物アレルギーに関してお伝えします。 食物アレルギーとは?食物アレルギーは、犬の免疫システムが特定の食品成分に過剰に反応して免疫応答を引き起こす症状です。 最も一般的な原因はタンパク質によるアレルギー反応で、次に多いのが炭水化物によるアレルギー反応となります。食物アレルギーは、犬の皮膚疾患の約5%で、 犬のアレルギー性皮膚疾患の約15%に関与していると言われております。 そのため、一般的な認識ほど、頻繁に症状が発生しないのが実情です。皮膚疾患の最も一般的な原因はノミ(ノミアレルギー性皮膚炎)および犬のアトピー性皮膚炎(環境アレルゲンに反応する遺伝的要因)です。犬のアトピー性皮膚炎は犬の食物アレルギーと非常に似ているため、診断が難しいことがあります。研究によると食物アレルギーの犬の13〜30%が同時にアトピー性皮膚炎を持っていると言われています。どの食物が最もアレルギーを引き起こす可能性が高いですか?インターネット上では「穀物」が食物アレルギーの主要な原因であると言われていますが、長期の研究によると、その他の食物のアレルギーが原因であることが示されています。 〜アレルギー症状を引き起こす食物〜- 牛肉:32%- 鶏肉:26%- 羊肉:20%- 豚肉:16%- 乳製品:14%- 米:6%- 小麦:2%数値の上位は、ドッグフードによく使われているタンパク源となります。グルテン、グレインに対するアレルギーは非常に少ないことが分かります。 ※例外は、消化器症状を呈するアイリッシュ・セッターやボーダー・テリアなど、一部の犬種に見られます。   グルテン、グレインフリー?? グルテンフリーとは・グルテンを含まない食品や食事を指します。・グルテンを含む穀物(小麦、ライ麦、大麦など) グレインフリーとは・穀物を一切含まない食品や食事を指します。・ すべての穀物(小麦、ライ麦、大麦、米、トウモロコシなど) グルテン、グレインフリーなどのドッグフードの製品には穀物がアレルギーの主要な原因であるかのように言及していますが、冒頭での数値で表からわかるように、その他のタンパク源が食物アレルギーの原因である可能性が高いことに注意してください。そして、穀物に対してアレルギー症状がないのに単純に排除することは、適切な選択肢ではないと言えます。 犬の食物アレルギーの症状食物アレルギーを発症する年齢は、一般的には6ヶ月未満と6歳以上です。 アトピー性皮膚炎は、一般的に6ヶ月〜3歳の間に最も発症すると言われており、これはアトピー性皮膚炎と食物アレルギーを区別する際の一つの判断基準となります。 症状としては、嘔吐、下痢、排便時の苦痛、腸炎、呼吸困難、重いアレルギー症状は命に関わることもあります。 また、非常に強いかゆみを伴い、かきむしる、こすりつける、噛む、なめる、お尻を引きずりながら歩く、などかゆみを示す行動を取ります。 最も影響を受けやすい部位は足、耳、脇の下、股間、肛門周辺です。それと、自己傷害や慢性の炎症によって二次的な細菌や感染する可能性があるのでご注意ください。食物アレルギーは季節に関係なく発症します。したがって、犬が同じ食物を摂取し続ける限り、一年中症状が現れます。対照的に、アトピー性皮膚炎の犬が反応する多くの環境アレルゲン(例:花粉など)は、通常、季節的なものですが、ダニ、ノミなどのアレルゲンは一年中存在します。 アレルギー検査の種類 1. 皮内反応試験アレルゲンを直接皮膚に注入し、15分後の反応を観察する試験。結果が速やかに出るが、日本の病院での取り扱いが少ないのが現状。ハウスダストや蚊、ノミなどのアレルゲンがテスト項目としてあるが、利用可能なアレルゲンの種類は限られている。 2.除去食試験特定のアレルゲンを含まないドッグフードを1か月与え、アレルギー症状の有無を観察する。  3....

【食物アレルギー】グルテン、グレインフリー??

食物アレルギーについて食物アレルギーは、犬の健康に関する誤解の多いトピックの一つです。そして愛犬のドッグフード選びなどで重要な要素となりますので、以下に、食物アレルギーに関してお伝えします。 食物アレルギーとは?食物アレルギーは、犬の免疫システムが特定の食品成分に過剰に反応して免疫応答を引き起こす症状です。 最も一般的な原因はタンパク質によるアレルギー反応で、次に多いのが炭水化物によるアレルギー反応となります。食物アレルギーは、犬の皮膚疾患の約5%で、 犬のアレルギー性皮膚疾患の約15%に関与していると言われております。 そのため、一般的な認識ほど、頻繁に症状が発生しないのが実情です。皮膚疾患の最も一般的な原因はノミ(ノミアレルギー性皮膚炎)および犬のアトピー性皮膚炎(環境アレルゲンに反応する遺伝的要因)です。犬のアトピー性皮膚炎は犬の食物アレルギーと非常に似ているため、診断が難しいことがあります。研究によると食物アレルギーの犬の13〜30%が同時にアトピー性皮膚炎を持っていると言われています。どの食物が最もアレルギーを引き起こす可能性が高いですか?インターネット上では「穀物」が食物アレルギーの主要な原因であると言われていますが、長期の研究によると、その他の食物のアレルギーが原因であることが示されています。 〜アレルギー症状を引き起こす食物〜- 牛肉:32%- 鶏肉:26%- 羊肉:20%- 豚肉:16%- 乳製品:14%- 米:6%- 小麦:2%数値の上位は、ドッグフードによく使われているタンパク源となります。グルテン、グレインに対するアレルギーは非常に少ないことが分かります。 ※例外は、消化器症状を呈するアイリッシュ・セッターやボーダー・テリアなど、一部の犬種に見られます。   グルテン、グレインフリー?? グルテンフリーとは・グルテンを含まない食品や食事を指します。・グルテンを含む穀物(小麦、ライ麦、大麦など) グレインフリーとは・穀物を一切含まない食品や食事を指します。・ すべての穀物(小麦、ライ麦、大麦、米、トウモロコシなど) グルテン、グレインフリーなどのドッグフードの製品には穀物がアレルギーの主要な原因であるかのように言及していますが、冒頭での数値で表からわかるように、その他のタンパク源が食物アレルギーの原因である可能性が高いことに注意してください。そして、穀物に対してアレルギー症状がないのに単純に排除することは、適切な選択肢ではないと言えます。 犬の食物アレルギーの症状食物アレルギーを発症する年齢は、一般的には6ヶ月未満と6歳以上です。 アトピー性皮膚炎は、一般的に6ヶ月〜3歳の間に最も発症すると言われており、これはアトピー性皮膚炎と食物アレルギーを区別する際の一つの判断基準となります。 症状としては、嘔吐、下痢、排便時の苦痛、腸炎、呼吸困難、重いアレルギー症状は命に関わることもあります。 また、非常に強いかゆみを伴い、かきむしる、こすりつける、噛む、なめる、お尻を引きずりながら歩く、などかゆみを示す行動を取ります。 最も影響を受けやすい部位は足、耳、脇の下、股間、肛門周辺です。それと、自己傷害や慢性の炎症によって二次的な細菌や感染する可能性があるのでご注意ください。食物アレルギーは季節に関係なく発症します。したがって、犬が同じ食物を摂取し続ける限り、一年中症状が現れます。対照的に、アトピー性皮膚炎の犬が反応する多くの環境アレルゲン(例:花粉など)は、通常、季節的なものですが、ダニ、ノミなどのアレルゲンは一年中存在します。 アレルギー検査の種類 1. 皮内反応試験アレルゲンを直接皮膚に注入し、15分後の反応を観察する試験。結果が速やかに出るが、日本の病院での取り扱いが少ないのが現状。ハウスダストや蚊、ノミなどのアレルゲンがテスト項目としてあるが、利用可能なアレルゲンの種類は限られている。 2.除去食試験特定のアレルゲンを含まないドッグフードを1か月与え、アレルギー症状の有無を観察する。  3....

ドッグフードを食べる前のワンちゃん

ダックスフンド

今回はRommyのモデル犬の犬種ダックスフンドについてお話いたします。今後も様々な犬種をご紹介いたします。ダックスフンド、この犬種はかつてドイツで作り出され、元々は獣猟のために飼われていました。その名前の由来はドイツ語で「ダックス」が「アナグマ」を、「フンド」が「犬」を指す言葉に由来しています。そう「アナグマ犬」ですね。これはその特異な体型が、狩猟でアナグマを追うために最適化されていたことを示しています。   種別ごとのサイズ基準- スタンダード:体重約9kg、胸囲35cm以上- ミニチュア:生後15カ月時の胸囲30~35cm- カニンヘン:生後15カ月時の胸囲30cm以下サイズに見る歴史的変遷ダックスフンドは、非常に多面的な犬種であり、そのサイズも異なる用途や時代に適応してきた歴史があります。例えば、スタンダード・ダックスは現在、約9キログラムの体重が一般的ですが、これは16世紀に生まれた初代ダックスが獰猛なアナグマと対決する目的であったため、その体重は最大で20キログラムにも達していました。19世紀末の絵画を見ると、この時代のスタンダード・ダックスは、体格がアナグマとほとんど遜色なかったとされています。ミニチュア・ダックスとカニンヘン・ダックスは、小型の獲物を追い詰める役割を担ってきました。当初はスタンダード・ダックスと他の小型犬種を交配する形で、非統一的な体型であったため、一つの犬種として認められるには至りませんでした。しかし、1910年頃から選択的な交配が始まり、その結果として今日の洗練された姿が確立されました。ダックスフンドの毛並みダックスフンドの愛らしさの秘訣は、その毛質のバラエティにあります。3つの異なる毛質が知られており、それぞれに魅力的な特色が見られます。1. スムースコートこのタイプはその名の通り、シルキーで滑らかな毛並みが特徴です。短くて堅めの毛は体にぴったりと密着し、その光沢感が高級感を放っています。2. ロングコートこの毛並みはソフトで繊細な質感があります。長く伸びる毛は、特に耳や前足、尾の部分でその長さを強調し、ほんのりとしたウェーブが特徴的です。3.ワイヤーコート粗い毛が特徴のこのタイプは、体全体を覆う短い毛と下毛のコンビネーションが魅力です。特に顎の部分には男らしいひげがあり、耳部分は短くて滑らかな毛で覆われています。これらの毛質は、それぞれ異なるケアや手入れが求められることも覚えておきましょう。家庭での飼育と注意点ダックスフンドは家庭での飼育にも適していますが、その独特な体型がもたらす健康リスクには注意が必要です。特に、長い胴体は脊椎に負荷をかけるため、階段の多い環境での飼育は慎重に考慮すべきです。飛び跳ねるような行動も避けるべきです。ケアとメンテナンス毛のタイプによっては手入れが必要です。スムースコートは比較的低メンテナンスで、定期的なブラッシングで大抵は済みます。一方で、ロングコートは日常的なブラッシングが、ワイヤーコートはストリッピング(毛を抜く)が必要です。総括ダックスフンドはその多面性と多様な特性で多くの愛犬家に愛されています。しかしその飼育には、特有の体型からくる健康上のリスクに対する十分なケアが不可欠です。この美しい犬種を家庭で迎え入れる際には、その全ての側面を考慮する必要があります。

ダックスフンド

今回はRommyのモデル犬の犬種ダックスフンドについてお話いたします。今後も様々な犬種をご紹介いたします。ダックスフンド、この犬種はかつてドイツで作り出され、元々は獣猟のために飼われていました。その名前の由来はドイツ語で「ダックス」が「アナグマ」を、「フンド」が「犬」を指す言葉に由来しています。そう「アナグマ犬」ですね。これはその特異な体型が、狩猟でアナグマを追うために最適化されていたことを示しています。   種別ごとのサイズ基準- スタンダード:体重約9kg、胸囲35cm以上- ミニチュア:生後15カ月時の胸囲30~35cm- カニンヘン:生後15カ月時の胸囲30cm以下サイズに見る歴史的変遷ダックスフンドは、非常に多面的な犬種であり、そのサイズも異なる用途や時代に適応してきた歴史があります。例えば、スタンダード・ダックスは現在、約9キログラムの体重が一般的ですが、これは16世紀に生まれた初代ダックスが獰猛なアナグマと対決する目的であったため、その体重は最大で20キログラムにも達していました。19世紀末の絵画を見ると、この時代のスタンダード・ダックスは、体格がアナグマとほとんど遜色なかったとされています。ミニチュア・ダックスとカニンヘン・ダックスは、小型の獲物を追い詰める役割を担ってきました。当初はスタンダード・ダックスと他の小型犬種を交配する形で、非統一的な体型であったため、一つの犬種として認められるには至りませんでした。しかし、1910年頃から選択的な交配が始まり、その結果として今日の洗練された姿が確立されました。ダックスフンドの毛並みダックスフンドの愛らしさの秘訣は、その毛質のバラエティにあります。3つの異なる毛質が知られており、それぞれに魅力的な特色が見られます。1. スムースコートこのタイプはその名の通り、シルキーで滑らかな毛並みが特徴です。短くて堅めの毛は体にぴったりと密着し、その光沢感が高級感を放っています。2. ロングコートこの毛並みはソフトで繊細な質感があります。長く伸びる毛は、特に耳や前足、尾の部分でその長さを強調し、ほんのりとしたウェーブが特徴的です。3.ワイヤーコート粗い毛が特徴のこのタイプは、体全体を覆う短い毛と下毛のコンビネーションが魅力です。特に顎の部分には男らしいひげがあり、耳部分は短くて滑らかな毛で覆われています。これらの毛質は、それぞれ異なるケアや手入れが求められることも覚えておきましょう。家庭での飼育と注意点ダックスフンドは家庭での飼育にも適していますが、その独特な体型がもたらす健康リスクには注意が必要です。特に、長い胴体は脊椎に負荷をかけるため、階段の多い環境での飼育は慎重に考慮すべきです。飛び跳ねるような行動も避けるべきです。ケアとメンテナンス毛のタイプによっては手入れが必要です。スムースコートは比較的低メンテナンスで、定期的なブラッシングで大抵は済みます。一方で、ロングコートは日常的なブラッシングが、ワイヤーコートはストリッピング(毛を抜く)が必要です。総括ダックスフンドはその多面性と多様な特性で多くの愛犬家に愛されています。しかしその飼育には、特有の体型からくる健康上のリスクに対する十分なケアが不可欠です。この美しい犬種を家庭で迎え入れる際には、その全ての側面を考慮する必要があります。